合宿免許のメリットとデメリット

運転免許を取得したいと考えたとき、通学で取得するか合宿で取得するか迷うときがあります。

そのようなときは、それぞれのメリットとデメリットを知ることで、自分にどちらがあうかを検討すると良いでしょう。

合宿免許の最大のメリットと言えば、短期間で免許を取得できることにあります。

通常は2週間のところが多く、長いところでも3週間になります。



教習の予定を自分で組むことはなく、決められたスケジュールに従って進めていくため、自分で計画を立てるのが苦手な人や面倒に感じる人には、メリットになります。
ただし、仕事やアルバイトなどでまとまった休みがとれない人は、合宿免許を利用することが難しくなります。

また合宿免許は、費用の負担も安くなることがメリットになります。



おおよそ20~25万円のところが多く、中には18万円のところもあります。

このような料金の差は、宿泊施設の違いや食事の有無によって違いがありますが、時期によっても大きく変動します。

多くの人が夏休みを利用して合宿免許に参加するため、春休みや夏休みの時期は高くなりやすく、逆に4~7月と10~1月の期間は、比較的安くなる傾向にありますので、時間を空けられる人はこのような期間に取得すると、お得になります。
また合宿免許の教習を行う場所は地方が多いことから、路上教習の際に車の通りが少ないため、落ち着いて教習を受けられるというメリットもあります。

しかし逆にデメリットになることもあり、都会の道路事情とは違うため、免許を取得していざ一人で運転しようとしたときに、車の多さに焦ってしまうこともあります。